業平忌記念

 卒寿を迎えられた十輪寺法主の記念として

「花 心無酔老」の文字を書いていただきました。

花は散っても再び咲こうとして成長する。
これは根がしっかりしているからである。
歳を重ねても「老」に執着しなければ、花のような美しいロマンになる。

 

杜若を絵にしていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です