京都十輪寺・業平忌で声明舞を奉納させて頂きました

昨日は京都の十輪寺での業平忌で、
無事に声明舞の奉納を務めさせてもらいました。

ご神仏の行事なので関係者のみでしたが、

清々しい深緑の風、
鶯の鳴き声に包まれていました。

 

 

静寂の中で開催された行事に
古からずっと今も変わらず続けてきたことの大切さを
改めて感じる時間とまりました。

今年、京都では祇園祭も中止が決まっています。

祇園祭は、869年に疫病退散を願う起源に始まりました。

コロナの感染拡大防止のために自粛しつつ、
取り組まれる神仏の行事は大切な伝統行事だと改めて感じます。

 

感謝を込めて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

道場観の教え