京都市国際交流会館での日中交流会

京都市国際交流会館にて

日中交流の一環として
聲明舞を舞わせていただきました。

 

中国の踊り、音楽

芸術での交流は楽しいひと時でした。

 

中国衣装も、美しく豪華

 

沢山ある声明から「散華」を選びました。
「散華」とは、華を散らすと書きます。

仏さまをお迎えする場を、お清めして、諸々の仏さまにと感謝して拝み、
供養するために花が撒かれます。天から花が降ってくると説かれています。

雨に濡れた青もみじも美しく天から降ってきました。

今日は仏教の枠を超えた所にある
「感謝の祈りを込めて」私たち一人一人が幸せになり、
そして世界平和の祈りを込めて舞わせて頂きました。

古くは、中国から鑑真和尚が日本にこられて戒律を広めるなど、
これまでも日本と中国は深い交流が続いてきました

令和に入り、これからも仲良く協力し、
お互いが尊重し合い、より発展し、
そして幸せが続きますように願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です