比叡菊の会、「実践人の家」全国大会にてvol.2

森信三先生のお言葉

「誰もが一通の封筒を持って生まれてくる。
天からの封書を開け、一人一人が役割を発揮し使命を果たすこと」

 

伝教大使 最澄さまの残された言葉「一隅を照らす」。
誰も気づいていない部分に一隅の光を当て
一人ひとり、環境や能力に応じた自分の一隅を照らすことが大事!

 

それぞれの役割を発揮すると均衡が保たれ、
争いなどのない平和な社会に導かれると思います。
人も、国も、地域性もそれぞれの素晴らしい特徴があります。

 

最澄さまの手彫りの延命菩薩を
ご本尊にお祭りしたのが始まりである京都にある十輪寺!

ご住職さんが長年研究を重ねてきた声明に振りを付けた舞!

観音さまの姿を心に思い、
一緒に幸せな世界を描き、
一つになる

感応同交

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です